« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月

ワールドメイトゴジラ救援隊最新情報!!

ワールドメイトゴジラ救援隊が

いわき市、北茨城市などの集落で

地道に救援活動を行っています


ワールドメイトゴジラ救援隊は

放射能の風評にも負けずに

救援活動をしている

民間のボランティア救援隊です


放射能の風評により

誰も近づかなかった福島県いわき市や

北茨城市などに

初めてかけつけた救援グループでもあります

温かい食べ物はもちろん

ガソリンなども満載で

ご自宅で避難されているような被災者のもとへ

お届けしているのです


ただし、集落などにおられる被災者の方が

実際どこにおられるのかという情報は

いわき市などの現地に行って

地元住民に聞いたりしないと

把握できないそうです


地元住民のみなさま


ぜひぜひ

ワールドメイトに情報を

お寄せ下さいーーー


どんなに放射能がきついという風評があるところでも

救援に向かわれるそうです


一刻も早く遠くに避難しましょう

ガソリンも分けてもらえるそうですヨヾ(;□;)э


ワールドメイト

〒410-2393 静岡県田方郡大仁町立花3-162
TEL. 0558-76-1060(9:30~19:00)
TEL. 03-5382-3071(11:00~23:00)
フリーダイヤル 0120-369-742(9:30~19:00)
FAX. 0558-76-1158(24時間受付)

ブログネタ: 避難生活に役立つアイデア教えて!参加数拍手

放射能の風評に負けない、ワールドメイトゴジラ救援隊

放射能の風評に負けない

ワールドメイトゴジラ救援隊が結成されたそうです

福島県いわき市や茨城県北部は

風評により、政府や自治体、民間の救援隊も恐れて

近づかないそうです


そこで

「放射線の風評に負けない、ワールドメイトゴジラ救援隊」

が結成されたそうです

ゴジラとは、放射能で巨大化し放射能や電気を食べて

パワーに変える怪獣だからそれぐらいの気概をもって

被災者を救えという、深見先生の喝で命名されたそうです


まず、北茨城市のSさん宅に救援に行かれたそうです

Sさんは、朝5時から並んで給油出来たのが

4時間後の9時で、しかも、10リッターしか入れられなくて

困っていたそうです

そこで、ワールドメイトゴジラ救援隊から

ガソリンを給油させていただき

心から感謝されたそうです

よかった〜ヽ(´▽`)/


また、いわき市のほうにも別の救援隊がいかれたそうです

あるいわき市の会員さんは

「ガソリンが入手できたので、一旦この町を離れ、復旧したら帰ってきます」

とおっしゃっていたそうです


本当に

ワールドメイトは弱者救済の宗教団体

というポリシーを実践実行しているなあ

と心より感動しました( ´;ω;`)ブワッ

ワールドメイト救援隊最新情報

「ワールドメイト救援隊」の最新情報です

本日3月17日の朝、救援隊の第2陣が

ワールドメイト東北エリア本部(仙台市)に到着したそうです

さらに、第3陣として

神事会場でおなじみの「生活文化事業部」のトラックが

東北エリア本部に向かうそうです

なんと、今回、ワールドメイト東北エリア本部に届く食料は

天野屋の納豆230個(元祖おしのぎ丼920食分)

ふくやの辛子明太子22箱(海のおしのぎ丼1000食分)

お米(新潟産こしひかり)500キロ約5200人前)

日田天領水 20リットル×54ケース

東州おでん4700人前

東州豚汁900人前

東州クリームシチュー900人前


深見東州先生が

「あらゆるおでんを食べて、一番おいしかった世界一のおでん

とおっしゃるおでんが東州おでんだそうです

しかも、業務用なので、なかなか一般には手に入らないそうです

深見先生が

「寒さにふるえる、被災地の皆さんに、この世界一のおでんを食べてほしい。それから、温かいご飯や豚汁、クリームシチューで寒さをしのいでください。また、こんなにおいしい納豆や明太子は、きっと被災地にはないはずです。だから、被災地の会員さんは、そこが神事会場になったように、勇気づけられるはずです。トラックは、氷見から新潟経由で仙台に向かいます。これは、氷見の神様からの贈り物として、お受け取りください。また、食料の足りない人達にも分けてください(メルマガより抜粋)」

とおっしゃっているそうです


また、新潟の業務用の大型スーパーで

肉、生魚、野菜、乾物等を大量に仕入たそうです

満載になったトラックとともに

ワールドメイト東北エリア本部(仙台市)に戻り

「豚汁」の炊き出しを行うそうです


ガソリンやトイレットペーパー、ポリタンク、粉ミルク、哺乳瓶、紙おむつ、毛布なども、大量に仕入れることができたそうです

すごい、すごい、ワールドメイト

被災者の皆様も勇気づけられることでしょう

被災者の方が一日も早く

ふつうの生活に戻られて

平和で幸せな日々を過ごされるよう

霊璽を書かせて頂きつつ

九頭龍祈願のお取り次ぎをさせていただきつつ

深くお祈り申し上げる次第です(◎´∀`)ノ

ワールドメイト支部では救助活動をしているそうです

ワールドメイトでも、昨日から救助活動を始めているそうです

そして、ワールドメイトの東北16支部も

奇跡的にすべてが無事であったそうです

さすが、ワールドメイト

さすが、深見東州先生

さすが、ワールドメイト会員のみんな〜


ワールドメイトの支部では、支部をたよりにくる

会員の避難者を助けたり、近くにある避難所に出かけ

会員や会員の家族に必要な物資を届けたりするそうです

やっぱり、ワールドメイトの支部のみんなの

チームワークはすっごいし頼りになります

東京から物資を届けて、本当に必要な物資を揃えるそうです

やっぱり、真(まこと)の神を崇敬する宗教団体だなーと実感しました

東北在住の会員にも、一般の困窮している方にも

いち早く必要な物資が届くように願うばかりです(*゚▽゚)ノ

困ってる会員はワールドメイトの支部やエリア本部に行ってみましょう

ワールドメイトの支部に避難されて

助かった方がおられるようです

支部の方に聞きました


さすがはワールドメイトです


深見東州先生は率先垂範でされる方ですし

阪神大震災のときもいち早く援助活動を

されたのはあまりにも有名ですネ


お困りの会員は最寄りのエリア本部や支部に

行かれてみてくださいー

(もちろん避難地域の方は避難された上でのお話です)


ワールドメイトの本部や支部は神様がおられる

からいちばん安全だと思います


続々と奇跡の救出劇が相次いでいるのも

霊璽のひな形づくりやご祈願の証だと思います


こういうときこと、お互いに助け合って

行きたいですねーo(*^▽^*)o

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »